幼児の「貸して」と「いいよ」

保育園の年少さんになると、同然のように皆が言い出す言葉がある。
「貸して」と「いいよ」である。
集団で遊ぶことにトライをしているこの時期に必要な言葉なのだそうだ。

年少さんになってくると、それまでは一人で遊んでいた子供たちが集団で遊ぶようになる。
社会性が育ってきて、集団活動を学ぶタイミングなのだ。

同じおもちゃをみんなで使うという行動は、それまではなかった。
独りで遊ぶことの多い幼児が、みんなと同じ場所で遊ぶことになる。
そうなると人数分のおもちゃはないので、順番を待つという新たな動作が加わる。

順番を待つにしても、意思表示が必要だ。
そのための「貸して」なのである。
言われた側は、返事をしなかったりする子もいるが、大抵は、「いいよ」という返事をする。
言った側のほうが、この場合は立場が強い。

「いやよ」という返事もあるにはあるが、先生たちは、積極的には教えない。
協調性をつけるために、あえて、言われた側の立場を弱くしているのかもしれない。
結局少し歪みのある社会性を学んだ子供たちは、子供たちなりに、知恵をつけて新たな返事を考える。
そして、その返事の先には、貸してくれない子供と借りたい子供のけんかが始まるのである。

そんなこんなの様子を見ること自体、親たちから見ると、子どもの成長である。
今まで一人遊びしかできなかった子供たちが、今やみんなでままごとができるようになる。
それが、とっても頼もしくみえるのである。

«
»