入籍届

入籍する、というと「婚姻」のことを誰もが思い浮かべるだろう。
今日私は入籍届けを役所に提出してきた。
この入籍届けとは、婚姻届とは全く違うものである。

父と母が離婚してもう10年以上経つが、父親の戸籍に私は入ったまま、母親に親権があった。
当時私はまだ子どもで、手続きの関係上、とりあえず母親だけが戸籍から出て、あとから娘の戸籍を移せばよい。
と当時は判断していて、そのまますっかり忘れていたのだった。
パスポートを取得するために戸籍謄本を取りに行ったのが7年ほど前。
そこで次女である私の名前の下に、新しく女の子の名前が記載されいることに気がついたのだ。
母親欄は当然見知らぬ女。
戸籍なんて紙切れのことだからどうでも良いと思っていたが、なんとなく気持ちが悪くなった。
それから先延ばしになりながらも、ようやく手続きが済んだ。
家庭裁判所に「子の氏の変更」を申し立て、書類を請求して、入籍届けを書いて、というプロセスがあったが、この間にだんだん面倒だと思ったが、提出し終わった今はすがすがしい気分だ。
父親の戸籍には私と姉が除籍したことが今日の年月日と共に記載される。
向こうも、戸籍謄本を請求するタイミングで気がつくのだろう。
もう、顔を合わせなくなって18年ほどが経つが、今後も会うことは無い。
自分の子どもが、自分の意思で自分の戸籍から除籍した。
そういう事実を目の当たりにしたとき、父親は何か思うことがあるのだろうか。
複雑な心境なのか、ホッとするのか。
その気持ちを聞くことすら、今後はない。

女性でも管理職に
就業管理ソフト相談窓口
就業管理に苦労している人事担当部署の責任者に見て欲しいシステムがあります
biz-work.jp/
関連:www.billingstar.biz

«