おばあちゃんの知恵袋がほしいね

おばあちゃんは、とうの昔に他界してしまっているので、おばあちゃんが、世に言う「おばあちゃんの知恵袋」を持っていたかどうかは、定かではありません。
しかし、世の中のおばあちゃんの知恵袋は確かに存在するのです。

ほんのちょっとしたことが、おばあちゃんの知恵袋にはいっぱい詰まっています。
それをうまく活用するとあっという間にできてしまったり、とっても簡単だったりするのです。
おばあちゃんはそれをいつ覚えたんでしょうね。
そういえば、おじいちゃんの知恵袋も絶対あると思うのですが、なかなか表舞台には立ちません。
なんといってもおばあちゃんの知恵袋のほうが、生活に密着してくるからでしょう。
ほんとうにちょっとしたことが、この知恵袋にはいっぱい詰まっているのです。
先日、おばあちゃんの知恵袋について、子供たちに話したところ、お母さんはなぜ持っていないのかと聞かれました。
子どもからすれば、母親が知らないことがあるという事実が不思議なことだったんです。
おばあちゃんに聞いたことを、袋に入れていると伝えておきました。
子供たちは、それをとってもほしがり、私は、出し渋りをしたのです。
子供たちにとっては、おばあちゃんの知恵袋は便利なものというよりも、昔を教えてくれる不思議なもののようですね。
今は亡きものだったりするので、それを便利に使うこと自体が不要なことだったりするのです。
それって、ちょっぴりさびしいなって思いませんか。

«
»