私の好きな漫画

今更ながら私は、尾田栄一郎さんが描く漫画「ワンピース」にハマっています。私の周りにも、この作品を読んでいる友人は多く、薦められることも多かったのですが、すでに多くの巻数が発行されていて、始めから読み進めていく気が起きなかったことや、海賊といった、あまり馴染みのない設定を受け入れることが出来るか微妙だったため、長い間機会を見送ってきました。

しかし、現在お付き合いをしている彼氏と同棲を始め、彼の荷物に「ワンピース」が全巻あったことをきっかけに、少しずつ読んでみるようになりました。読み進めていくうち、私も見事に「ワンピース」の世界に魅了されました。今では毎週日曜日の朝に放送されているアニメや、連載されている最新話も欠かさずチェックしています。
 私が思うこの漫画の魅力は、3つあります。1つ目は、仲間同士の強い絆を感じられるというところです。主人公が率いる海賊団のメンバーは、辛い過去を持っている、大きな夢を抱いているという共通点があります。誰かが苦しんでいる時にはみんなで助け、お互いの夢を全力で応援するという姿は、見ていて胸が熱くなります。また、それぞれの信念を貫き通す登場人物たちは、とても格好良いです。
 2つ目の魅力は、登場するキャラクターが個性豊かで、見ていて飽きないというところです。超有名俳優をモデルとしたキャラクターや、口癖に特徴のあるキャラクター、魚人といった現実世界では存在し得ないキャラクター等、様々です。また、ある特殊な果物を食した者のみ持つことの出来る特殊能力が、それぞれの登場人物の個性をより際立たせていると思います。
 3つ目の魅力は、ところどころに隠されていた布石のつながりが、想像をはるかに超えるスケールであることです。何気なく登場していた人物が、後に重大な役割を担っていたり、見落としがちなシーンに秘密が隠されていたりします。そして全てが繋がった時には、とても衝撃を受けます。まだまだ意味深なシーンや気になる登場人物も出てきているので、今後の展開も期待大です。
 まだまだ「ワンピース」の魅力は語りつくせませんが、上記3点が特に思うこの漫画の魅力です。まだ読んでいないという方がいたら、ぜひ読み始めることをオススメします。

«
»