子供たちが大はしゃぎするスキー

お母さんが足を捻挫したというので、リハビリの手伝いがてら、土日に実家に帰ることにした。
子供たちは、パパとスキーに行くとおおはりきり。
こんなにはしゃぐとはちょっとさびしい。

昨日の実家との電話で、お母さんが捻挫したと聞いた。
一人だと動かなくなるので、週末にリハビリの手伝いをかねて、実家に帰ることにした。
こんな時には、新幹線が通っている駅は便利だ。

さて、子供たちはどうするかと聞いてみたところ、パパと留守番するらしい。
どうやら、事前にパパとスキーに行く調整をしていた。
こういう時には、知恵が働く子供たちである。

お隣のご家族が、毎週スキーに行くのをしっているので、そこに便乗するということだった。
子どもどおし、同じような腕前なので、かなりのライバル意識を燃やしている。
一人がテストを受ければ、もう一人も受けると言い出す始末。
運よく同じ級なので、一緒にできるのは、助かる。

私は、いつもは、ゲレンデが見えるレストランで、本とか読んで過ごすのだが、今回は私もいないわけで、羽目を外すことは間違いない。
一生懸命滑れば、パパは、ご褒美になにか甘いもののでも買ってあげることだろう。
子供たちは、それも目的のひとつのようだ。

今から大はしゃぎの子供たちだが、こんな小さなうちからやればうまくなるのだろうなと思う。
私は、もともと寒いのが好きではなかったから、スキーはやろうという気持ちさえ起きなかった。
今でも、その気持ちは、変わらない。
きっと、私の人生に、スキーやスケートといったウインタースポーツに挑戦するということはないと思う。

«
»