アメリカへいく

日本の大学に行かず、アメリカの大学に行くことにした友人がいる。
急に決めた留学だったが、実は前からやりたかったことがあったわけでなく、ただ単に生活環境を変えたかったようだ。

日本の大学は、入学試験が大きなハードルになる。
だが、意外とアメリカは気軽に入れるし、面白い学科がたくさんある。
日本にも最近増えてきたが、専門的なものへの探求心を追い求める学科が、アメリカには多い。

そんなアメリカの大学に友人は、行くという。
で、何を学びたいかと聞けば、アメリカの生活に触れたいのだという。
そんなに変わるものだろうか。

私は、1年ほどアメリカで生活をしていたので、確かにのんびりとした雰囲気ではあった。
しかし、それは、単にアメリカの中でもカリフォルニアという土地にいたからであって、これがニューヨークのような都会であれば、それほどのんびりとはしていられない。
カリフォルニアでも、シアトルと、サンフランシスコ、ロスアンジェルスではまた違う生活が待っている。

そう考えると、アメリカに言ったら、全く違う生活ができるとは言い難いと思っている。
ただ違うとすれば、文化の違いからくるものだけだろう。

いくら英語に長けていたとしても、微妙にニュアンスは伝わりにくい。
だから、その中で暮らせば、文化の違いをまともに感じることになる。
これもまた、人生だと思えば、それまでだが、私はやっぱりわびさびがいいな。
自由の女神よりも東京タワーに上りたい。スカイツリーならなおいいなと思う。

チタンピアス通販
アレルギーを心配せずにおしゃれしたい女性のためのチタンピアス専門通販
www.nadeshiko-st.com/
ピアスはアレルギーがイヤ
関連:www.bowsville.net

»