お母さんが働ける職場

大企業になればなるほど、子育てに関する手当やサポートが充実しているといいますが、かといて自分のやりたい仕事かといえば必ずしもそうではないようだ。
結局、お母さんは、どちらに重きを置くかを自分で判断しなければならない。

出産のときのお休みや、そのあと復帰してからの時短など、働くお母さんをサポートするいろいろな仕組みがある。
途中抜けができたり、送り迎えのためのフレックスになっていたりすることで、少しでも子育てと仕事の両立の負担を減らそうという考え方である。
ところが、これには、大きな落とし穴もある。
まずは、収入。確かに働けば収入は得られるが、時短などにより、当然減らされている。
それに加え、残業はできないから、結局、子供たちの保育所代を払っているようなものになってしまうことも少なくない。
それでも、社会の中にいることは、子育てをしているお母さんの精神衛生上有益だと思われる。
次に、仕事の内容だが、これは、仕事を与える側の問題となっている。
例えば、時間が限定されることで、それに合わせてできる仕事しか、お願いできないという事情がある。
突発的な残業が発生する可能性のあるものは極力さけなければならない。
それから、独りで全部行うものも避けたほうがいい。
実際に作業をしている間は一人でできるので、よいように思えるが、子どもが病気したりすれば、その作業を中断せざるを得なくなる。
そのフォローをする人が必要になる。
このように考えていくと、以前と同じ職場であったとしても、与えられる仕事の質が変わってしまう。
それでも、頑張ってもらいたいと思う人たちが、一生懸命サポートをしてくれる。

«