毎日のると癖になるヘルスメーター

マイヘルスメーターを持っている人が増えていると思う。
昔は、お風呂場に一つあって、それを家族みんなが使っていた。
どちらといえば、子どもが大きくなったことを強調するのに使っていたように思う。

今は、老若男女誰もが使っている。
しかも、記録ができるということから、マイヘルスメーターを持っている人も多いと思う。
健康を気にしてヘルスメーターにのるというよりも、ダイエットにかかわる悩みのほうが多いようだ。

体脂肪計がついているヘルスメーターというものが主流になってきた今、健康に気遣いヘルスメーターを購入した人は多いと思う。
のるだけダイエットなるものもでてきた。
体重や体脂肪の今を気にすることで、自然にダイエットされるというものだが、理にかなっているように思える。
少し重くなってきたと思ったら、少なくともその日のランチは、少な目になるからだ。
心理をうまくつくやり方だと思う。

毎日ヘルスメーターで測定をして、それを記録として残すと、傾向がよくわかる。
なんとなく太ってきたであるとか、うまい具合に痩せてるなどといったことが、グラフによってみえるようになるからだ。
そうなってくると、毎日プロットしたくなってくる。
まるで、ヘルスメーターにのることが趣味になってきたかのようである。
でも、楽しいからやめられないのが自分でも不思議だ。
そんなことを思っているにもかかわらずっぱり今日ものってしまう。

«
»